Home

ヘアカラー

ヘアカラーをした女性髪の毛を染めるという行為は、植物や鉱物などを使い、紀元前3500年の古代エジプトの頃から儀式的なものとして行われていました。

現在では髪の毛を染めるという行為は、あまりにも当たり前になりました。白髪染めもおしゃれ染めも、様々なものが販売されていますし、美容室でも髪に優しいヘアカラーなどもあり、白髪を隠すだけではなく、おしゃれの一つとして考えられています。

誰でも簡単にヘアカラーができるようになりましたが、どうして髪の毛の色が変わるのか、また、アレルギーなどを引き起こす場合もありますので、その危険性なども十分理解したうえでヘアカラーをする必要性があります。簡単で手軽ではありますが、健康にも気を配らなければいけないものでもあるのです。

美容室のネット予約【HAIRPO】

髪の毛のこと

カラーリングをする前に、髪の毛のことを知っておきましょう。どんな構造になっているのか、どのくらいのスピードで成長しているのか、健康な髪の毛ってどんな髪の毛なのか、白髪はどうして生えてくるのか、自分の頭の上にあるものなのに、知らないことって多くないですか?これを機会に頭に入れておいても損はありませんよね。

】 【白髪

ヘアカラーの種類

髪の毛をカラーリングするには、様々な種類のものがあります。1度染めると色の落ちないもの、1ヶ月ほどで落ちるもの、シャンプーすると落ちるもの、色を抜くものなど、様々なものがあります。自分髪質や好みに合わせ、どんなものがいいのか選びましょう。

白髪染めとおしゃれ染め】 【ヘアマニキュア】 【ブリーチ】 【ヘナ】 【その他

じょうずに染める

髪の毛は見える部分でもありますので、上手に染められずに色ムラになってしまうとみっともないですね。上手に染めるためにはどうすればいいのでしょうか。まず自分の髪質を知る必要がありますし、室温なども関係してきます。何よりも、ヘアカラーの前にはパッチテストを行わなければいけません。もちろん色選びも重要です。また、使うヘアカラーの容器によっても、上手に塗るコツなどがあります。自分でメッシュを入れる場合もちょっとしたコツで上手にメッシュを入れることができます。もちろん、美容室でカラーリングすると、色ムラもなくきれいに染まります。

ヘアカラーの前に】 【チャレンジ】 【自宅でメッシュ】 【美容室の仕上がり

ヘアカラーのあと

染めっぱなしではどんどん髪の毛が傷んでしまいます。ちゃんとケアしてあげないと、パサパサ、ボサボサ、キシキシの髪の毛になってしまいます。染めたあと、どうして傷みやすくなるのかを理解すると、ヘアケアがどれだけ大事なものかが分かるでしょう。ちゃんといたわって、ツヤツヤの髪の毛をキープしましょう。

カラーリングでのダメージ】 【枝毛・切れ毛】 【ヘアカラー後のケア】 【ヘアケア】 【ヘアパック

トラブル

ヘアカラーをしていると、アレルギー症状を起こす場合があります。アレルギーと毛染めの関係について、1度真剣に向き合ってみてください。明日は我が身かもしれません。

アレルギーと毛染め

ページの先頭に戻る