Home > ヘアカラーの種類 > ブリーチ

ブリーチ

ブリーチは若い世代を中心に人気がありますね。ヘアカラーのようにして使うものや、泡で出るもの、スプレー式になっているものなどがあります。ブリーチは、ヘアカラーのように染料を入れて髪の毛を染めるものではなく、髪の色素を抜いてしまうものです。

目指せ!金髪?

根元が黒い髪ブリーチは金髪になるというイメージ、ありませんか?

確かに色素を抜いてしまうので、金髪にしようと思えば簡単に金髪にすることができます。ですが、いきなり金髪にする人はそう多くはないでしょう。ブリーチと言っても、スプレーで少しずつ脱色していくものや、トリートメント効果のあるブリーチ、金髪に近い脱色ができるものなど、様々なものがあります。

ブリーチをすると、どうしても新しく生えてきた根元の黒さが引き立ってしまいます。プリン状態ですね。明るい髪色で、根元だけ真っ黒な髪の毛が生えているのは、不潔感を与えてしまいます。根元直しブリーチをかけて、新しく生えてきた髪の毛もブリーチするわけですが……。

ブリーチの落とし穴

ブリーチはヘアカラーと比べ、確実に髪色が明るくなります。根元の黒さを解消するために、何度も何度も繰り返しブリーチすることになってしまいます。それまで茶色く脱色していたのが、気づいたら金髪……なんてことになりかねません。

そんなことあるわけない?いいえ。実際自分がそうでした。根元ばかりを気にして脱色し、色を馴染ませるために根元だけではなく、毛先に向かってもブリーチをあとから塗るわけですが、茶髪だった髪の毛が、気づいたら金髪になっていました。

ブリーチは傷む?

ブリーチは痛む?ヘアカラーはブリーチと染毛を同時に行うものですが、ブリーチは色素を抜くだけのメカニズムです。どうしても髪の毛が傷むというイメージがありますが、どうなのでしょうか。

ヘアカラーやブリーチは、髪の表面に色をつけるヘアマニキュアとは違い、キューティクルを強制的に開き、薬剤を髪の内部にまで入れ、化学反応によってカラーリングをするものです。ブリーチは脱色目的ですので、メラニンから色を抜く作用も強く、広がったキューティクルからは水分が抜けてしまい、髪の毛がパサパサになってしまいます。

ターンカラー

一度ブリーチした髪の毛を元の黒髪に戻したいときは、ターンカラーを使いましょう。普通のヘアカラーを使っても、思うように色が入らないばかりか、とんでもない色に染まりあがることがあります。ブラウンでカラーリングしたつもりが、終わってみたら、金髪に薄くグリーンが入っていた。なんてことになりかねません。自分は実際なりました。

色戻しをしたいのであれば、ターンカラーを使わなければ髪の毛の色は暗くなりません。ただし、ブラックを使って放置時間を長くしてしまうと、わざとらしいくらいに真っ黒になってしまいますので注意が必要です。ダークブラウンやブラウンなどのターンカラーもありますので、学生でなければ、こういった色で色戻しするのもいいのではないでしょうか。

コラム〜数年かかって色戻し

度重なるブリーチで、気がつけば見事な金髪。なんの知識もなくヘアカラーを使い、髪の毛は緑がかった金髪に。もちろん髪は傷みまくってパサパサで、人形に使われている、ビニールで出来た髪の毛のようになってしまいました。ロングヘアーで金髪のパサパサ。枝毛と切れ毛だらけでまるで山姥です。早く気づくべきでしたが、感覚が麻痺していたのでしょう。

美容室で相談しましたが、ヘアカラーで色を入れるのは無理とのこと。月に1度トリートメントに通い、毛先を少しずつカットしていき、数年かけて、ようやく自分の本来の髪の毛の色に戻ることが出来ました。

ブリーチをしていると、少しずつ髪色が明るくなっていく傾向がありますし、確実に髪の毛は傷みますので、何事も程ほどに……。

ページの先頭に戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us