Home > 上手に染める > 美容室の仕上がり

髪

美容室の仕上がり自宅でヘアカラーするときと、美容室で高いお金を払ってヘアカラーをする場合では、仕上がりに違いがあります。どうしてでしょうか。料金を考えると数千円もする美容室のヘアカラー。自宅で、自分で染めるのであれば、安いと数百円、高くても1,500円程度で染めることができるんですよね。美容室の仕上がりを考えると、妥当な値段だとも言えるのですが、どうして仕上がりに差があるのでしょうか。

色ムラがない

自宅でヘアカラーをすると、気をつけていてもどうしても色ムラができてしまいます。きちんとヘアカラーの薬剤が塗れていないところや、薬剤が均等についていない場合、最初に塗った場所と最後に塗った場所での時間の差などが原因になります。

美容室でヘアカラーをする場合、塗り残しがあったりするようなことはありません。髪の毛全体に、まんべんなくヘアカラーをし、自分でヘアカラーするよりも手際よく薬剤を塗っていきます。

カウンセリングがしっかりしている

カウンセリング昔の美容室とは違い、現在の美容室ではカウンセリングがしっかりしているところが多いですね。個人個人の髪の毛の状態や、パーマ、ヘアカラーの頻度などもしっかりと管理してくれます。

市販のヘアカラーだと、誰でも簡単に染まるようにできていますが、美容室の場合、その人の髪色にはどんなヘアカラーをするとどんな色になるのか、放置時間はどれくらいがいいのか、その人に合った処方でヘアカラーを行ってくれます。

しっかりしすぎている?

行きつけの美容室。カウンセリングがしっかりしていると言うかしすぎていると言うか……。ヘアカラーをしたくても、髪の毛が傷んでいるからと言って、中々してもらえませんでした。カットも、髪の毛全体が重いので少しすいてほしいと言うと、シャギーを入れると毛先が傷むと、これまた中々髪を薄くしてもらえませんでした。これと言うのも、度重なる自分でのヘアカラーのせいで、毛先がパサパサに傷みまくっていたからなのですが……。

そうこうしているうちに、自分にもチラホラと白髪が出てきました。担当美容師は行くたびに聞きます。『今日白髪どうする?』と。『いや。このままで。』これまで、傷んだ髪の毛のせいで、本人の要望も全く無視でヘアカラーしてもらえませんでした。ここでへこたれると今までの我慢が水の泡だと思い、白髪染めを自分から拒否し続けています。担当美容師と共に、白髪が隠れるようなブローやセットの仕方を一生懸命に研究します。ですがそれもそろそろ限界。近々白髪染めをすることになりそうです。

トリートメント

トリートメントヘアカラーをした後、しっかりとトリートメントしていますか?トリートメントやリンス、コンディショナーの違いが分からないという人もいるでしょう。

リンスは、シャンプーの後、髪の毛の表面を覆ってキシミをなくし、指通りをよくするものです。コンディショナーは髪の毛内部に少しだけ浸透し、汚れがつくのを防いだり、サラサラやしっとりにします。

トリートメントは髪の毛内部深くまで浸透し、水分や油分を補うことを目的としています。こうした特長から、シャンプー→トリートメント→コンディショナー(リンス)の順番で使うことになります。この他にも、洗い流さないトリートメントや、ヘアパックなどもあります。

美容室でのトリートメント

美容室でトリートメントをしたことがありますか?驚くほどに髪の毛がツルツルになり、効果は自宅でもしっかりとケアすることで、1ヶ月ほど持続します。ヒアルロン酸やアミノ酸などのたんぱく質や水分を時間をかけて、じっくりと髪の毛と同化させます。

ヘアカラーをしている髪の毛であれば、トリートメントは必需品です。1度美容室でのトリートメントを体験すると、その違いに驚くことでしょう。ヘアカラーを自分で行うのであれば、自分でトリートメントを行いながらも、月に1度は美容室でトリートメントをしてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭に戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us