Home > ヘアカラーのあと > ヘアケア

ヘアケア

ヘアケアヘアカラーなどで傷んだ髪は、いくらカラーリングで誤魔化しても誤魔化しきれないものです。ツヤもなく、毛先にいくに従って、髪の色が薄くなって色褪せて見えます。

確かにヘアカラーやブリーチ、パーマでは髪が傷みますが、あくまでも傷むきっかけとなるだけで、傷むかどうかは、自分自身のヘアケアで左右されるのです。

基本はシャンプーから

前ページで紹介したように、できればアミノ酸シャンプーを使いましょう。アミノ酸のシャンプーを使っているからと言って、間違ったシャンプーの方法では全く意味がありません。まさかシャンプーを直接髪につけて洗っていませんか?髪に優しい洗い方をしなければ、キューティクルを傷つけることになってしまい、髪の傷みにつながります。

  1. 髪をぬらす前に、十分にもつれをといておきましょう。濡れると絡みやすくなりますので、手グシでもかまいませんので、髪をといておきましょう。
  2. 次に、髪と地肌を十分に濡らし、お湯だけで軽く洗い流します。
  3. 手の平にシャンプーをとって軽く泡立て、髪全体に馴染ませたら、指の腹を使い、地肌をマッサージするように洗います。髪の毛は、泡が行渡るだけで十分に汚れが落ちますので、髪の毛よりも地肌に気を配りましょう。耳の上の地肌や耳の後ろなどは洗い残しやすい場所ですので、しっかりと洗いましょう。
  4. すすぎは十分に行います。洗った時間の倍以上かけて流すようにしましょう。耳の上や後ろもすすぎ残さないよう、しっかりと流しましょう。
  5. 髪の水分をきり、コンディショナーかトリートメントをします。適量を手にとって、毛先から髪全体につけていきます。このとき、せっかくシャンプーできれいにした地肌につけないように注意しましょう。その後十分にすすぎます。トリートメントは髪の内部に浸透させるものなので、しばらく時間をおいてから流す方が効果的です。
  6. 最後にタオルドライをしますが、ゴシゴシこすってはいけません。水分を取るには、タオルに髪の毛を挟み、軽くポンポンと叩くような感じで吸い取ります。髪の毛同士をこすり合わせると、キューティクルが傷むのでやめましょう。

こんなシャンプーを使おう

シャンプーシャンプーは何と言ってもアミノ酸のシャンプーがオススメですが、具体的にはどんなシャンプーが髪の毛に優しいのでしょうか。

まず、髪の毛同士がこすれて傷つかないよう、キメの細かい泡で、モコモコの泡がたつシャンプーがいいでしょう。指通りもよく、脱脂力も強すぎず、洗浄力がマイルドで地肌への刺激が少ないものにしましょう。すすぐときも泡切れがよく、すっきりとすすげるものがいいです。

上手なドライヤーのかけ方

前ページでもドライヤーについては少し触れましたが、ここでは髪の毛が傷みにくいドライヤーのかけ方を紹介します。まず、ドライヤーの吹き出し口は、100度を超えていると言うことを頭に入れておきましょう。髪の毛は表面の温度が100度を越すと傷み始めます。濡れていると急激に表面温度が上がると言うことはありませんが、しっかりと乾ききると一気に温度が上がります。完全に乾く間際でドライヤーの熱を当てないようにしなければいけません。ドライヤーをかけるときのポイントとして以下の通りになります。

ポイント1できれば風量の多いマイナスイオンドライヤーを使い、水分を吹き飛ばすようにして乾かします。

ポイント2指を髪の根元に入れ、軽く地肌をこするように動かしながら、根元を乾かすように温風を送りいれます。このとき、ドライヤーの吹き出し口から10cm以上離していれば、髪の毛の表面温度も100度を超えることはありません。

ポイント3水分が飛んで乾ききってしまうと、表面温度が一気に100度を超えますので、温風と冷風に切り替えながら乾かすと失敗することなく乾かすことが出来るでしょう。

サラっとする瞬間

美容室でドライヤーをかけるとサラサラに仕上がります。これは必要以上にドライヤーをあてず、髪の毛から水分が必要以上になくならないタイミングでドライヤーをやめているからです。ブラシを使ってブローしながら乾かしていると分かりにくいですが、手グシで乾かしていると、その瞬間が分かります。髪がサラっとした指通りになる瞬間がありますので、その感触があったらそれ以上ドライヤーをあてるのはやめましょう。

また、急激に乾かすのもキューティクルがめくれてしまい、次のシャンプーの時に内部のものが流れ出てしまい、髪の中が空洞になってしまいます。ですから、いずれにしてもドライヤーのかけすぎには注意が必要なのです。

ページの先頭に戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us