Home > ヘアカラーのあと > ヘアカラー後のケア

ヘアカラー後のケア

ヘアカラー後のケアヘアカラーは私たち日本人に多い、真っ黒な髪の毛の色を明るくし、おしゃれにしてくれますし、気持ちも明るくしてくれます。ですが、度重なるヘアカラーは髪の毛にダメージを与えます。ヘアカラーをした後は、しっかりとしたケアでダメージをある程度防ぐことができます。ヘアカラーでのダメージは、髪に水分がなくなってしまうことですので、水分を保持するケアが大切です。

髪の毛のパサパサ感

ヘアカラーの後に気をつけなければいけないのが、髪の毛のパサパサ感です。パサパサするということは、髪の毛の内部から水分が抜けてしまっているということです。髪の毛が乾燥しているということですが、本来髪の毛は11%以上の水分を蓄えているものです。これが、カラーリングやドライヤーによって髪が傷み、水分が奪われていくのです。ですから、ヘアカラーをしたあとは、髪の水分を保つことが大切になります。

シャンプーに注意

多くの人が毎日シャンプーをするでしょう。このシャンプーが髪の毛を乾燥させる原因にもなります。ただでさえヘアカラーで傷み気味の髪の毛に、シャンプーの汚れを落とす成分、界面活性剤が乾燥を招きます。

一般的に販売されているシャンプーに配合されている界面活性剤は、石油系のものが主流になっています。石油系の界面活性剤は、洗浄力もありますが、脱脂力もあります。こうした高い洗浄力で、必要とされる有効成分まで洗い流してしまうのです。

シャンプーは界面活性剤が石油系のものではなく、アミノ酸のシャンプーに変えてみましょう。アミノ酸シャンプーにするだけで、髪の毛の乾燥の違いが手に取るように分かるはずです。普通のシャンプーに比べて、価格はちょっと高めですが……。

ドライヤー

濡れている髪の毛はキューティクルが剥がれやすい状態になっています。濡れたまま寝ると、枕などの摩擦でキューティクルがボロボロになり、傷みの原因になります。でも、ドライヤーをかけると髪の毛が傷まない?自然乾燥?どれがいいのでしょうか。

ブロー美容室でブローしてもらうと、髪の毛が気持ちのいいくらいサラサラになります。ヘアスタイルも広がらずに、スタイリングしてくれますね。自分でブローすると広がってあまりサラサラにならないのに、どうして美容室でのブローはあんなにサラサラなのでしょうか。

それは、美容室の場合、スピーディーに行うために、乾かしすぎるということがないからです。自分でドライヤーをかけると、何度も同じところにあてたり、長時間ドライヤーを使うことで、髪の毛内部の水分まで乾燥させてしまうためです。ですが、濡れたままの髪の毛でいるよりもドライヤーを使って乾かした方がいいので、高温で急激に乾かさないよう、あまり長時間あてすぎないようにして乾かしましょう。

マイナスイオンドライヤー

ちょっと前までは価格も高かったのですが、最近では手頃な価格になったマイナスイオンドライヤー。あなたの使っているドライヤーはどんなドライヤーですか?できればマイナスイオンドライヤーを使うのをオススメします。

ドライヤーからマイナスイオンが出るもので、このマイナスイオンが空気中や髪内部の水分に作用して、水の分子集団を1/50〜60に小さくします。小さくなった水分を、髪のキューティクルから内部に送り、髪の水分を保持します。本来、水分を奪ってしまうドライヤーですが、マイナスイオンドライヤーを使うと、反対に髪の毛に水分を与えてくれるのです。ヘアカラーなどで傷んだ髪には、普通のドライヤーではなく、マイナスイオンドライヤーがオススメです。

ページの先頭に戻る

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us